ラッキーウーマン ─ マイナスこそプラスの種!

私は、チャレンジドは四つ葉のクローバーやと思うてる。クローバーというと普通は三つ葉。で、四つ葉のクローバーは幸せのシンボルというて、みんな一所懸命探して、しおりにしたりする。

でも四つ葉のクローバーいうのは、自然界の中では異端。それを幸せのシンボルと思うて大事にするのは、人間の想像力のたまものや。「標準からはずれているから悪い」と思わないで、「これはラッキー!」という物差しを作った。それはひとつの文化や。チャレンジドに対しても、同じことが言えるんやないかなと思う。麻紀を育てながら、大勢のチャレンジドとお付き合いしながら、いつもそう感じてる。

そうや、麻紀という四つ葉のクローバーを授かった、私はラッキーウーマンなんや!

人間は一人では生きていかれへん。人生の中でいろんな人と関わりがあって、お互いに持ちつ持たれつ暮らしている。そして、その輪が大きくなったのが社会や。

四つ葉のクローバーを幸せのシンボルと思う文化が、この国で暮らすひとりひとりの心に深く、そして大きく広がってほしい。そう願いながら、ナミねぇは、これからもチャレンジドとともに、不良パワーを全開させていきまっせ!

(あとがきより抜粋)

著者
竹中 ナミ
出版社
飛鳥新社
価格
1,300円(本体価格)+税
サイズ
18.6 x 13.2 x 1.8 cm、256ページ
ISBNコード
978-4-87031-555-6
購入する

ナミねぇから元気と勇気がもらえます!

重度脳障害の娘を授かった母「ナミねぇ」。 中卒、離婚、震災で家が崩壊……

大きなハンディをものともせず、「障害の有無に関わりなく誰もがいきいきと働ける社会」を実現するために、ビル・ゲイツに会い、ペンタゴンに行き、法案を作るまでを綴った感動のノンフィクション!

『ラッキーウーマン』 が増刷されました!!

2007年10月2日 飛鳥新社のナミねぇ本 第2弾 『ラッキーウーマン マイナスこそプラスの種!』 が増刷されました!!

※写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

私たちは「ナミねぇ本」を熱烈に推薦します!

麻生太郎
(自民党政調会長)
「障害者を納税者に! 補助金は要りません、仕事を下さい」各省役人の前で堂々と喋った一言は、生涯忘れられない言葉です。
  • 浅野史郎(宮城県知事)
  • 上野千鶴子(社会学者)
  • 金子郁容(慶応大学教授)
  • 北川正恭(前三重県知事)
  • 櫻井よしこ(ジャーナリスト)
  • 竹村健一
  • 筑紫哲也(ジャーナリスト)
  • 堂本暁子(千葉県知事)
  • 成毛 眞(インスパイア社長)
  • 野田聖子(衆議院議員)
  • 浜四津敏子(衆議院議員)
  • 福岡政行(白鴎大学教授)
  • 増田寛也(岩手県知事)

五十音順・敬称略

目次

まえがき
はじめまして / チャレンジドを納税者にできる日本に / もしこの国にお金がなくなったら
第一章

「うちは貧乏や」

父がおぶって子守歌 / 理想に燃える母 / うちにはテレビがなかった

第二章

「不良少女ナミ」

浜の中学から不良女が来た / それって、ピンク映画じゃないですか? / その指輪、男にもろたんやろ / 水商売したいねん / 二度とこっちの世界に来たらあかん

第三章

「新婦一六歳」

一五歳で同棲生活 / 履歴は「中卒」 / 二人目の子どもを出産

第四章

「長女麻紀の誕生」

わしが麻紀連れて死んだる / 「普通」からはずれた育児 / 農家の嫁は楽じゃない

第五章

「すべては麻紀のため」

夫は育児に無関心 / 障害のことは当事者に聞くのが一番 / 障害者は弱者じゃない

第六章

「武器はコンピュータ」

偏見をなくすのは「馴れ」 / 竹中さん、手伝ってもらえませんか / きっかけはケネディの言葉 / ある日突然りんご箱が届く / 念願のパソコンセミナー始動 / もらうお金と稼いだお金はぜんぜん違う / 四三歳で離婚 / 小泉さんに認可を申請

第七章

「私はつなぎのメリケン粉」

私だってキレることはある / 仲間の輪が全国に広がる / チャレンジドの全国大会は熱い

第八章

「法律を作ろう」

一泊二日でペンタゴンへ / 撃たんとってちょうだい / 日本でこれから必要なのは、これや / ターニングポイント / 法案のたたき台を作る / きっと変わるで、この国は

あとがき
 

ページの先頭へ戻る